幸せと喜びと天職の温度差。

写真
「どこを褒められたら、嬉しいか?」というのはまるで「人によって違う」ところがありまして。
 
そして「どこを褒められたいか!?」というのは、その人の仕事のスタンスにはよく表れておりまして。

『がむしゃらに、一生懸命に仕事をしたいの。ブラック企業!?そんなの当然でしょ?』な人は、とても「頑張り屋さんな、アツい人」なのかもしれないし、もしくは会社に対する忠誠心に対して褒められたい?もしくは、可愛いわが子のために働いている…等々。

そんな理由はまるで「人によって違う」のですけれども。

そして、仕事というのは「報酬をいただくが故、何かしらのために役に立つ」ことなのです。

さて、私は「どこを褒められたい」ですか?

そこで、その褒められた部分が「誰かしらと、それを分かち合えたら最高にハッピー」といえるのですが。

ようするに「喜び」というのは私にとっての、とびっきりの嬉しさを誰かしらと共感し、分かち合うことなのです。

だって、いくら容姿が綺麗になっても、その嬉しさを「誰かしらとともに分かち合えなきゃ」ただただ、鏡の前でこっそり1人で微笑むだけに終了してしまいませんか?(笑)

そして、ある人がたとえ「容姿の綺麗さを称えられても」嬉しくなけりゃ、それは「豚に真珠」といいますか。

さて…あなたは「どんなことで?誰を喜ばせ?それを分かち合いたい」ですか?

そんな「誰かしらと共感できる喜び」があなたを「最も幸福にする事柄」なのかもしれませんね。
(^^)