主役になるのは「よく働く子」♪

写真子どもの頃から、よく「家のお手伝い」をさせられてたってタイプの方が、いるじゃないですか。

で、お話をうかがっておりますと「お姉さん扱いされてたのが、不満でした。」「もっと、子どもらしい生活を送りたかったです」…なーんていうお声が多いのですが…

いえいえ、そういう方だからこそ、仕事をするうえで(または仕事に限らず☆)どこにいても「主役的役割」「ひかり輝く存在」だなーなんて、いつも関心させられるのです。

なんせ子どもの頃から、知らず知らずのうちに「責任感」や「リーダーシップ」を学んでいた訳ですよ~。

ちなみに私は、そーゆータイプではなく、どっちかと云えば「秘書的役割」ですねぇ。
(^_^;)

私が育った家庭では、あくまでも(母子の関係だと)母がよく働くリーダーで、私は母親の補佐みたいなところがありました…(笑)

そういうのがなんせ、プライベートや仕事での「あり方」に、現れてるな!と。

そんな風には思ってます♪