母の愛とカリスマ性

写真「母の愛を兄弟 or 父より独占してた。」なーんて人は割かし「〇〇から母の愛を奪った罪悪感」があって、好きなこと、好きな人から遠ざかる傾向があるのです。

で、それだけ「愛されてきた分」カリスマ性がすごくあるのに…生まれ持った才能や、好きな人から逃げちゃうので…勿体ないのです(汗)

…だから…割と周囲からは「あの人ってば素敵なのに、歯がゆいよね。」って思わたりもしまして。

(まー…たいてい、そんな本人は自らのカリスマ性に気付いてないんですがネ。)

だから、そんな彼らに必須なのは…ただただ、好きな人や事柄に向き合って、人びとから「愛」を受け取ることです☆

ズバリ…母からの愛(=女性性)は、「私たちが受け取る愛情のみなもと」なのですから。

こんな素敵な人が「受け取れること」ができたならば…「鬼に金棒」ですわね♪
(^^)/